ゆとりの徒然日記

ゆとり世代が好きなこと話すブログです。

ただいま。

大変お久しぶりです。
ヒコです。
帰って来ました。

 

久々に、 文章を書きたい!という衝動に駆られて、舞い戻ってきました。

ポメラを立ち上げたら、過去に書いた記事が残っていたので、あげてみました。

 

2017年の記事なので、もう3年前の記事ですね。

文章のテンションが異様に高くて、笑いました(笑)

若かったなぁ。

 

さて、更新が止まってしまった2年の間。

いろんなことがありました。

 

ひとまず復帰のご挨拶がしたかったので、それは追い追い書いていこうかなと思います。

 

完全に自己満足のブログなので、まあ気ままにね。

 

では。

バックナンバー:ゆとり、ライブに行く。

こちらも、過去記事。

これでポメラに入ってたデータは、ひとまず投稿完了。

停滞していたブログも、再開するぞ。

 

2017/06/10

こんにちは。
ヒコです。

今回は、初の音楽カテゴリー!
ライブの感想を書いていこうと思います。

6月9日、ロットンの日2017に参戦してまいりました。

お目当ては、キュウソネコカミ
キュウソのライブは初めての参戦でした。

イナズマロック2015で出てたんやけど、そのときはまだファンじゃなくて、見逃してしまったので・・・。

主催者であるROTTENGRAFFTYは、このイベントきっかけで知りました。
京都のバンドなんですね!

「古都のドブネズミ」vs「西宮のネズミ」で、ネズミ対決でした。


会場のKBSホール、初めて行ったのですが、ちょうど良い感じのホール。

一人一人の顔がしっかり見えるし、近かった!

京都人の私にとっては、京都でのライブは非常に嬉しい。

地下鉄丸太町駅または今出川駅から、徒歩10分くらいです。


イベントTシャツと、キュウソのグッズ数点を購入して、荷物を預けて、いよいよ入場!

チケットもぎりの人が聞いてた「どちらのバンドを見られますか?」ていう質問、初めて聞いたけど、人数でも数えてはるんやろか・・・。

「キュウソです!」って咄嗟に応えたけど。


前の方が空いていたので、すかさず前に。

キュウソのライブは激しいと聞くし、ロットンのライブも、カラオケの本人映像(「金色グラフティー」)で見た感じ、なかなかの激しさやったので、ビビりながらも、前の方をキープ。

開演の18時を15分くらいすぎて、スタート!


私の大好きなディズニーのエレクトリカルパレードのテーマとともに、キュウソ登場。

わい、初めてのキュウソと距離の近さに大興奮←

ロットンの「e for 20」という曲をキュウソがコピー。
こういうのが対バンの醍醐味!

キュウソのボーカル、セイヤさんがどうしてもやりたいということで、コピーしたんだそう。

いやーーーーーーーーかっこよかった!
キュウソの曲じゃないのをキュウソがやるから、非常に新鮮でした。

ライブ後、iTunesでダウンロードしました。

後でロットンがお返しに、急遽、本家の「e for 20」をやる粋なはからいにも感動でした。


で、「ビビった」。
一気に観客が前に詰めかけてきて、ものすごい状態に(笑)

「これは酸欠になるのでは・・・?!」とビビりながらも、なんとか乗り切る。

むしろ楽しくなってきて、私もノリノリ!

もう押し合いへし合いやから、前行ったり後ろ行ったりで、前に行ったときは、ステージに近くなって大興奮でした。

皆で踊るところとか、すごい楽しかったな。


次は「ファントムバイブレーション」。
この曲も楽しい。

「♪気ーにーなーるー」とか「スマホはもはや俺の臓器!」とかを皆で言うんやけど、くっそ楽しかった。


「邪邪邪vsジャスティス」は、ひたすら跳ね回ってた(笑)
やっぱりかっこいい。

たしか、ワンマンの京都MUSEで初披露された曲やったよな。

セイヤさんのサビの「♪勝↑った方が」が大好き芸人です、わい。


で、「困った」に入る前に、MC。

例の文字が書いてある「社会のしがらみ」段ボールが出てきて、「あ、これ映像で見たことあるやーつや!」と、また興奮してしまった。

ロットンのノブヤさんのお気に入りやった人、セイヤさんが好きやったロットンのサインを渡したあの人が、結婚したそうな・・・。

おめでたい。
ノブヤさん、セイヤさん、頑張れ!←

で、話はタイムリーな彼の話に。

前の曲「邪邪邪vsジャスティス」は、NHKドラマ「スリル」の主題歌。
これからDVD化や再放送とかで、印税を期待していたキュウソ。

しかし出演者・・・・・・小出恵介

セイヤさん「おい小出恵介ーーー!!!○ねーーー!!!」

会場大爆笑。

今回のことでさぞかし叩かれているやろうなと調べたら、小出恵介と関係を持ったJKをうらやましがる声が多かったらしく、セイヤさんまたブチ切れ(笑)

段ボールしばいてたしw

で、会場の床に段ボールを置いて、そこにダイブ。
「見えるように皆座ってくれ」というセイヤさん、優しい。


次は「家」。
この曲、くそ楽しい。

家しか言わんけど、楽しい。

飛び跳ねまくって、むちゃくちゃ楽しかった!

セイヤさん「おかわりーーー!!!」・・・ということで、「家」2本立て。

「家」に合わせて、ステージに帰っていきましたよ(笑)


で、MC。
セイヤさん、口の中切ったのか、出血。

即興でラップを歌ってくれました(笑)

会場からの「セイヤー!」に「はーあーいー♪」て元気に応えてて、可愛いと思ってしまった(笑)


そして「DQNなりたい、40代で死にたい」

これもコール&レスポンスが楽しい曲。

セイヤさんが観客の上を歩きます。
セイヤさんの靴と足と肩?腕?、触っちゃった!

初参戦で、何となく無理やと思ってたので、これは嬉しい。

さすが触れ合えるボーカル!

むちゃ近くて大興奮しました。
・・・うん、興奮しすぎですね、私。


で、「ハッピーポンコツ
これ良い曲。すごい元気が出る大好きな曲です。

いっぱい踊りました。
仕事、頑張れるわ。


最後は「わかってんだよ」
また良い曲で終わるもんな〜。

生の「わかってんだよ」は、やはり響きました。


う〜、もっといろんな曲を聴きたい。
絶対またキュウソのライブ行くぞ〜!!!

とりあえず非常に楽しかった。

もちろん、ロットンのライブも見たよ。

最後まで楽しみました。

やっぱりライブって良いなと思った、私でした。


しばらくはこのライブの余韻で頑張れる。
うふふ←


ではでは!

バックナンバー:ゆとり、胃カメラを飲む

ポメラを久々に起動したら、まだ未公開の記事があったので、投稿します。

 

2017/06/10

こんにちは。
ヒコです。

今日はノリノリなので、がんがん記事を書きためています。

おそらく昨日のライブのおかげ!
そして書きたいこといっぱいで、溜まっていた!

パソコンじゃなくて、ポメラで書いています。
Youtubeで動画流しながら。

シンプルに、書くことだけに専念できるポメラ、最高や。


さて、前の前の記事にも書いた胃カメラの話。

人生初の胃カメラ体験だったので、忘れないうちに書いておこう。
もう1ヶ月くらい経ってるけど。


はい。胃カメラ
内視鏡検査ってやつですね。

私は鼻から突っ込みました。
口から飲むよりだいぶ楽みたいですね。

周囲に「胃カメラ飲む」という話をすると確実に「口から?鼻から?」と聞かれ、「鼻から」と応えると、「じゃあ楽やな。昔は口からしか飲めんかったから、大変やったで〜」と言われるのがテンプレートだったので←


前日は夜10時以降は絶食。
飲み物はOKということで、水は飲んでました。


当日、専用の部屋に通されて、まずは胃カメラ飲む準備。

胃の中を綺麗にする薬を飲みました。
紙コップに入ってて、ほぼ水みたいな感じ。
うっすら薬っぽい味がしたけど、全然飲みにくい感じはありませんでした。

ベテランのおばさまの看護師さんが対応してくださった。

看護師さんから「唾液が溜まってきたりしたら、飲み込まずに、ティッシュに出してくださいね」とティッシュ箱を受け取ったので、言われた通りに、唾液が溜まったら、ティッシュに出してゴミ箱に捨ててました。

で、数分経ったら、薬を胃に循環させるために、体を動かします。

ベッドで横になって、看護師さんに指示される通りに、右・仰向け・左・うつ伏せ・・・というのを、数秒ずつやる。

で、次は反対回り。これをたしか2回ずつくらいやったかな・・・。


そして次は鼻の中の血管を収縮させる薬を、スプレーされました。
両鼻にシュッシュッされます。

特に違和感はありませんでしたが、鼻から口に液体が回ってきて、苦ーい味がするので、ひたすら唾液と一緒にティッシュに吐き出してました。


次は、鼻にヌルヌルした麻酔薬がついた管を突っ込まれます。
胃カメラを突っ込むリハーサルですね。

鼻の奥までの長さなので、苦しいものではありませんでした。

どちらの鼻の穴から胃カメラを通すのかを試します。

まずは胃カメラよりも細い管で試します。
私は左鼻に突っ込まれました。

で、その状態で数分待ちます・・・。

その間も看護師さんが話しかけてくれるのですが、けっこうマヌケな顔面になっているので、恥ずかしかったです(笑)
まあ看護師さん、慣れていらっしゃるとは思うのですが。

・・・で、数分経ったら、管を引っこ抜いて、今度は胃カメラより少し太めな管を突っ込みます。

さっきと同じ左鼻に突っ込まれたのですが、なかなか入らない・・・!
穴が狭いのか、粘膜が弱っているのか、ちょっと痛かった。
それを悟ってくださったのか、看護師さん、右鼻に変更。

が、右鼻も、なかなか入らない・・・!

事前に「両鼻無理なら、口から」と聞かされていた私、正直焦りました(笑)

が、粘ること数分、右鼻に何とか入った!

看護師さん「ああ、二段構えになってるんやね」

看護師さん曰く、人によって鼻の中の形は違うらしく、私の右鼻は二段構えになっているらしい(笑)

で、また待つこと数分。
管を引っこ抜いて、鼻の準備完了。


先生が来られて、胃カメラの準備。
私はベッドに横になって待機。どきどき。

看護師さんがタオルケットをかけてくれて、腰あたりをポンポンして、安心させてくれる。

横になった状態のまま、先生が喉の麻酔薬を注入。

それをゴクッと飲む。
飲むのはこれでおしまい。

以降は唾液が出たりしても、飲み込まずに、口を開けて、口の横のトレイにダラダラ垂れ流す。

ついに胃カメラを鼻に入れる。

が、二段構えの私の右鼻、くせがありすぎて、先生がカメラを入れられない(笑)

結局、左鼻に再変更。入った。

鼻の中を通っている間は大丈夫。
が、喉にさしかかったところで、うえっとなる。

体を震わして、ものすごいえずいてしまった。

看護師さんに事前に教えてもらった通り、ゆっくり深く息を吸って吐く。
そうすると、そうしている間に、スルスルスルッと胃カメラが入っていく。

それを繰り返して、なんとか胃にカメラ到着。
カメラの管から空気が出て、胃を膨らませられる。

胃までくると、あんまり違和感なくて、「え?カメラ入ってる?」という感じ。

カメラが動くと、その感覚が分かるので、「おお、動いてる動いてる」となる(胎動かよ)

カメラを見ながら話す余裕があるかと思っていましたが、そうでもなく、ベッドの角度的にも見えない位置にあったので、指示されていた通り、ひたすら真っ正面にある壁掛けカレンダーをぼーっと見ていました。

カメラが胃にいる時間はわずかで、わりとすぐカメラが引き上げられる。
3分くらい?

やっぱり喉あたりを通る時がしんどい。

カメラを動かすので、ちょっと鼻の中も痛くなってくる。
でも大した痛みじゃなかったし、あまり気にならなかった。

胃カメラ終了。
準備20分くらい、胃カメラ7分くらいで、トータル30分くらい。


診断結果は15分くらいしてから出た。
それまでは待合室でティッシュ箱片手に、ティッシュに、鼻をかんだり、唾液を吐き出したりしていた。

麻酔は1時間くらいで切れるらしい。
それまでは飲み込むの禁止。せき込んでしまったりするかららしい。

自分の垂れ流した唾液と、えずいた時の苦しみの涙で、化粧はちょっとよれていた(笑)

鼻の麻酔もカピカピ白く固まるので、鼻のあたりも注意。

ですので、検査後、まずトイレで自分の顔を確認することをおすすめします・・・。

服も、襟のないものがオススメ。
襟シャツを着てた私は、襟元が自分の唾液とかでちょっと濡れたので←


検査後、先生に胃の中の写真を見せてもらう。

初めて見た自分の胃の中。
自分で言うのも何やけど、先生の言う通り、綺麗な胃やった(笑)

ピロリ菌がいないので、胃ガンとかにはなりにくいらしい。
家族にピロリ菌持ちがいないので、感染せんかったんかな。

胃の縦の長さが長かったらしく、胃下垂気味とも言われた。

あとで調べて分かったけど、たしかに満腹時に膨らむ場所が低い。
今まで当たり前で皆そうだと思っていたけど、違った!←


と、こんな感じで無事に人生初の胃カメラ終了。

この年齢で胃カメラ飲む人はあまりいないらしいが、飲んどいて良かった。

次はもう少し余裕を持てるかな。

・・・しばらく飲みたくないけど(汗)


では、そんな感じで。
お開き!

Webライティングを学びたい。

こんにちは。
ヒコです。

 

さて、今日は…”Webライティングを学びたい。”という話です。
(タイトルそのまんまやん)

 

なぜいきなりこんなことを言い出したのかと言いますと、話は昨日に遡ります。

 

代表と今の就職活動やWeb業界について話していたところ…
①Webライティングが出来る人は少ない。ニーズがある。
②私が伸ばすべきところはそこじゃないか。
という話になったからです。

 

①Webライティングはニーズがある…というのは、実際に業者さんにWebページを作ってもらって、代表が感じていることだそうです。

 

例えば、士業のWebページ。

 

私は社労士事務所に勤めているのですが、特に士業は、自分達のやっていること・やりたいことを、Webページを作る業者さん側に伝えるのが難しいのだそう。

 

たしかに法律関係のことになったりすると、専門用語がたくさん出て来て、理解するのが難しそう…。

 

結局、私達が依頼していた業者さんとは、営業さんが事務所に来て、その内容をもとにライターさんが文章を考える…という形をとっていたと思うのですが、ヒアリングの段階で、営業さんに話がいまいち伝わってなくて、ライターさんがせっかく書いてくださった文章が、代表の考えと一致せず、「これはアカンわ」という悲しい結果になってしまいました。

 

そこで、士業をかじった私はそういうニーズに応えられるのではないか…とのこと。

 

代表いわく「集客できるようなWebページを作ってもらいたいクライアント側からすると、結局、デザインより文章の方が大事やで!」とのことでした。

 

Webデザインを勉強している私には、めっちゃ刺さる〜。(笑)

 

で、②私が伸ばすべきとこはWebライティングじゃないか…というのは、私の強みは文章力だというところから。

 

たしかに、代表からはよく文章力を褒めてもらっている。
私は文章を書くのは好きなので、そうやって褒めてもらえると嬉しい。

 

代表からは「なんでWebデザインの方向に行きたいの? ライティングを伸ばす方が絶対早いやろうに」と言われたけれど、Webライターを目指すか、Webデザイナーを目指すかもすごく迷っているし、正直、どちらもやりたい。

 

一応、大学卒業まで、私はライターを目指していた人だったので。

 

というわけで、Webライティングを学びたい熱が加熱しております。

 

ただ、どうやって勉強するかやねんな。

 

ひとまず今考えているのは、資格の勉強をしてみようかなと思っています。
勉強する過程で知識も技術も身に付けられるだろうし、資格を取れば証明にもなる。
それに、クラウドソーシングの案件を受けるときに報酬UPなんかの特典がついたりもするらしい。

 

有名なWebライティングの資格は、2つある。
①Webライティング能力検定
②Webライティング技能検定

 

ややこしいな。
ややこしや〜〜〜ややこしや。(NHK日本語であそぼの野村萬斎風)

 

①Webライティング能力検定

xn--web-pi4be7e0holjd5279abzjl89cqqd.com

一般社団法人日本WEBライティング協会さんが主催。

・試験を受けて、1級〜3級の級がもらえる。

・2年ごとに更新料12,000円が必要。

・合格者特典
 アフィリエイト(受検者紹介)制度で報酬が通常の2倍(1人3,000円)。
 検定の試験監督の依頼の可能性あり。報酬あり。
 協会から案件紹介。

・費用は13,500円。テキストつき。

・3ヶ月に1回。試験場で受検。

 

②Webライティング技能検定

crowd-kentei.or.jp

一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会さんが主催。

・合格すれば「WEBライティング実務士」になれる。

・更新なし。

・合格者特典
 対象のクラウドソーシングサービスで、異なった特典あり。
 例えば報酬UPやポイント付与・案件紹介の優先など。

・費用
 教材:ヒューマンアカデミーの通信講座32,000円
 受検料:6,000円
 合格証・実務士ID発行料:3,000円
 *合計:41,000円

・毎月1回。WEBで受検。

 

まとめると、こんな感じ。

迷っています。

値段が高いけれど、クラウドソーシングで稼ぎたいから、②のWebライティング技能検定かなぁ。

更新料もかからへんし。

そしてお世話になっているスクールの通信講座やし。

 

 

…ということで、Webライティングの勉強しようかなという話でした。

今日はこの辺で。お開き!

 

モチベーション回復

こんにちは。

ヒコです。

 

今日は、仕事を休んで、Webデザインを学んだ某スクールで、無料のセミナーを受けてきました!

 

もうすでに受講クラスは終わったけれど、就職サポートや今回のようなセミナーへの参加は出来るみたい。

 

ちょうどポートフォリオ作成に役立つセミナーだったので、参加して良かった!

 

講師の先生が目一杯、語ってくださったので、無料なのが勿体無い内容でした。

現役のWebデザイナーの先生なので、現場のオフレコな話もたくさん聞けました。うひひ。

 

あんまり詳しい内容を書くのはダメかなと思うので、あまり触れないようにします…。
せっかくなので、あとでEvernoteとかに今日学んだことをまとめておこう。

 

もしこのブログを読んだ方で、内容を知りたい方がいらっしゃったら、コメントとかに書いていただけたらと思います。

どうやって内容を共有するかは、また考えます。

 

 

で、ポートフォリオなんですが、講師の先生によると、転職のために必要なポートフォリオとする作品は20〜30だそうな…。

聞いた途端、思わず白目をむいてしまった(笑)

 

HTMLやCSSで実際に稼働するものは、2〜3で良いそうです。

PC用のサイト・スマホ用のサイト・レスポンシブ対応(=PCでも、スマホタブレットでも見られる)のサイト、必要に応じてWordPressのサイト…の4種類くらいを準備するのがオススメだそうです

 

で、Photoshopなどで作るワイヤーフレームを、20〜30作っておいた方が良いとのことでした…。

もちろん、全ページを作る必要はなく、トップページ+3〜4ページでOKとのことでした。

 

よ、よし、頑張ろう。出来るさ。
たぶん、作るの楽しいもん。

 

セミナー受けるまでのここ何ヶ月か、モチベーションが著しく低下してたけれど、セミナーで色々教わって、モチベーションが回復しました。おかげさまで。

 

スクールの新システムで、受講クラス終了後も、手続きをすれば、6ヶ月間無料でスクールのPCルームが解放してもらえて、先生にも質問し放題という神システムがあるらしく、今日 担当さんが手続きをしてくださったので、それを利用して、頑張ります。

 

高いお金払ったんやし、元を取るぞ!(笑)

 

この週末は、遊びつつもポートフォリオ作成を頑張るぞ。

読みかけている本も読んでしまおう。

 

と、珍しくやる気満々な私でした。

では今日はこの辺で、おひらき!

 

お盆

こんにちは。
ヒコです。

 

お盆でしたね。
今年は、8月11日〜16日まで休みでした。

 

そういえば毎年話題になるのですが、一般的には15日までのところが多いみたいですね。

私が住む京都では、8月16日は毎年「五山の送り火」があるので、京都の企業は、けっこう16日までがお盆休みのところが多いんです。

 

他府県と比べると、京都府民はちょっとラッキーかもしれないですね。

 

 

お盆休み中は、友達や家族と過ごしていました。

 

大学の友達と、その大学の友達の友達と初めて会って遊んだりとか、祖母宅に行って、親戚が大集合したりとか。

 

従姉妹の子供達が会うたびに大きくなっていて、毎回びっくり(笑)

長期休みのたびに会うから、わりと頻繁に会ってるはずなんやけど…。
これは完璧に”親戚のおばちゃん”的感覚。

ちょっと年齢を感じて悲しくなるなぁ…(笑)

 

ただ、従姉妹の子供達にとっては、私は同じくらいの友達のような感覚らしく、家族からの扱いも、私は子供サイドに振り分けられる…。

 

そういえば学生時代のスポーツクラブのバイトで、子供達の課外教室の引率やってたときも、子供達にとって私は”コーチ”ではなく”班長”ぐらいの扱いやったし、他のコーチからも「子供達に紛れてる」と言われていたなぁ。

 

他のコーチからの言葉は「子供達と同じ目線で楽しんでる」という褒め言葉でもあったんやけど。

 

単純に、当時から子供が苦手で、大人としての子供への接し方が分からなかっただけ(笑)

 

自分が子供の頃を思い返してみると、大人達に必要以上に子供扱いされるのが、子供ながらに嫌やった記憶があって、自分と対等に話してくれる大人がいると、すごい懐いてた。

今度は自分がそういう大人になる立場になったってことか。

 

でも、一歩間違うと、子供達からなめられてる大人になるから、それは良くないな。

 

 

…なんの話やったっけ(笑)

とりあえず、お盆休みは楽しかったよという話でした。

 

では今回はこの辺で、お開き。

WordPressいじいじ

こんばんは。

ヒコです。

 

今日は休みなので、昨日から本格的に始めたWordPressを触っていた。

 

スクールでも一応は習ったけれど、スクールでもらった本をもう一度復習しつつ、自分のポートフォリオサイトを作っている。

 

これも立派な転職活動かなぁと思って…。

 

本を見ながら、レンタルサーバに契約したり、ドメインを取得したり、WordPressをインストールしたり…。

一見難しそうだけど、この作業は意外とサクサク出来た。

 

サーバは迷ったけど、ロリポップを無料体験中。

安いし、初心者向けやということで、ロリポップに決定。

ドメインロリポップと連携している、ムームードメインで取った。

 

サーバもドメインも、お金がかかるけれど、まあこれくらいの額なら良しとしよう…。

 

設定よりも、ロゴを考えたり、画像を探して編集するのに、時間がかかった。

楽しいし、ちゃんと表示された時は、むちゃくちゃ嬉しい。

 

まだ時間はかかるとは思うけど、ぼちぼち作っていこう。

 

WordPressでも仕事用のブログを更新していくつもりやけど、ここはここで続けていくつもり。

 

プライベートなことはここで吐き出せるようにしておきたい(笑)

 

自分でもこんなこと出来るんやってこと、認めてもらうためにも、頑張るぞ!

おー!

 

というわけで、今日はこの辺で、お開き。